会員登録ログイン
》HOW TO CAMP

【ダッチオーブン編1】

取り扱い

「焼く」「煮る」「蒸す」「炊く」「炒める」など、ありとあらゆる調理ができるダッチオーブン。

西部開拓の時代からカウボーイに愛されてきたこの鉄鍋は、使えば使うほどおいしい料理ができる"魔法の鍋"でもあるのです。

ここでは「ダッチオーブン」「スキレット」「コンボクッカー」など、鋳鉄製のクッカーについての基礎知識を紹介。



とっても重くて頑丈そうに見えるダッチオーブンですが、実は意外とデリケートいい加減な扱いをすると、簡単に壊れてしまうことがあります。

まず注意したいのは取り扱い。投げたり落としたりすると、衝撃でヒビが入ってしまうこともあります。運搬時はしっかりと持ち、落としたりしないように注意しましょう。

また、鍋が熱いうちに水をかけてしまう。これもヒビの原因になります。早く片づけたいからと、熱いまま水をかけて冷ましたりせず、自然に冷めるまで待ちましょう。


情報提供:コールマンジャパン(株)


基礎知識トップ