会員登録ログイン
》HOW TO CAMP

【ガソリンツーバーナー編】

点火の基本

ポンピングという作業が必要になるけれど、LPガスに比べて経済的で、寒冷地でも安定した高火力が得られるガソリンツーバーナー。本格的にアウトドアクッキングを楽しむ人から、圧倒的に支持されています。慣れてしまえばとっても簡単で便利なガソリンツーバーナー、でも初めは少し使い方に戸惑うかも?そこで今回は、ガソリンツーバーナーを使いこなすための、正しい使い方を紹介しよう。

まずは具体的な点火の手順から。

(1)「燃料バルブ」と「ポンプノブ」がOFFになっていることを確認して、水平な場所に燃料タンクを置く。ポンピングによって加圧できる空間が残るように、燃料タンクにホワイトガソリンを8分目ほど給油する(入れ過ぎるとポンピングができなくなる)。入れ終えたら燃料キャップをしっかり閉める


ポンプノブがOFF(時計回りいっぱい)になっていることを確認。


燃料タンクにホワイトガソリンを8分目ほど入れる。

(2)「燃料バルブ」をOFFにしたまま、「ポンプノブ」を左(反時計回り)に2回転させ、ノブの穴を親指で押さえてポンピングする。回数の目安は100〜150回。ポンピングは、しっかりと下までストロークさせよう。ポンピングが終わったら、ノブを最後まで押し込み、右いっぱいまで回しておく。


次の手順へ >

情報提供:コールマンジャパン(株)


基礎知識トップ