会員登録ログイン
》HOW TO CAMP

【ガソリンランタン編】

「カラ焼き」の手順

(1)ランタン上部にあるナットをはずし、ベンチレーター、グローブをはずしておく。
そして、マントルを指先で袋状に膨らませたら、ヒモを二重にして仮結びしておく(固結びする必要はない)。


ランタン上部にあるナットをはずす。

ベンチレーター、グローブをはずす。

マントルを指先で袋状に膨らませ、ヒモを二重にして仮結びする。

(2)マントルをバーナーチューブのくぼみ部分に取り付け、シワを均等に整える。
余ったヒモは、カラ焼き後のマントルを壊すことがあるので、ハサミなどで必ず切り取ろう。
※「ノーススター200ランタン」のようにワイヤーを引っかけるだけのワンタッチタイプもある



(3)マントルの下部からライターなどで均等に火をつけ、マントルを灰状にする。
カラ焼き直後のマントルは、触れたり、ポンピングなどのちょっとした衝撃で壊れる場合があるので、扱いには注意しよう。
点火すればマントルは丸く膨らみ、形状を保つ強度が出る。


情報提供:コールマンジャパン(株)


基礎知識トップ