会員登録ログイン
》HOW TO CAMP

【ガソリンランタン編】

「点火」の手順

『ポンピング』『カラ焼き』を覚えたら、次に具体的な点火の手順を覚よう。

(1)本体正面にある燃料ツマミをOFFの位置にセット。ポンプノブを押し込んで、右(時計回り)いっぱいまで回しておく。
燃料キャップをはずしガソリンを給油する。その際、タンク内に加圧できる空間を残すため給油は8分目までにしておく(ガソリンを入れ過ぎるとポンピングできなくなる)。
入れ終えたら燃料キャップをしっかり閉める。



「フューエルファネル」や「ガソリンフィラーII」といった器具を使用すると便利

(2)燃料ツマミはOFFのままで、ポンプノブを左(反時計回り)に2回転させ、ノブの穴を親指で押さえながら固くなるまでポンピングする。回数の目安は50〜60回、しっかり下までストロークさせてポンピングしよう。
ポンピングが終わったら、ポンプノブを下まで押し込んで、右いっぱいまで回しておく。マントルを新しく取り付ける場合は、ポンピング作業が済んでから行う。
※「ノーススター2000ランタン」の場合は、ポンプノブを回転させる必要がない。


ノブの穴を親指で押さえながら固くなるまでポンピング。

ポンプノブを下まで押し込んで、右いっぱいまで回す。

(3)燃料ツマミを少し左(反時計回り)へ回してみて、燃料が出る音を確認したらOFF。10〜15秒後にフレーム底部からライターで火を入れ、燃料ツマミをHigh〜Lowのあいだに調節して点火。
※「ノーススター2000ランタン」は自動点火装置が付いているので、本体背面のボタンを押し込んで点火。


ライターで火を入れ、燃料ツマミをHigh〜Lowのあいだに調節して点火。
燃料が気化しているため一瞬炎があがるので顔など近づけないように注意する。

必ず着火したライターを差し込んでから燃料ツマミを回してください。燃料ツマミを回してからライターを着火すると非常に危険です。

(4)点火した直後、さらにポンピングをして加圧すると明るさが安定する。不完全燃焼を防ぐためにも、この作業は行っておこう。



安定したら、燃料ツマミで明るさの調節を行う。何時間か続けて点灯しているとランタンの光量が落ちてくることがある。これは燃料が減ってタンク内の圧力が下がるため。こんな時も追加ポンピングを行なうと明るさが安定する。



情報提供:コールマンジャパン(株)


基礎知識トップ