会員登録ログイン
》HOW TO CAMP

もやい結び(ボウライン・ノット)

ロープワークの基本中の基本で、キャンプでも登場回数が圧倒的に多いのがこの結び方です。
ロープの先端に輪を作る結び方で、用途としては、テントやタープの張り綱を取り付ける際に使用します。正しく結べば十分な強度があり、ゆるめれば結び目はカンタンにほどけます。

【結び方】
1.先(先端側)を上にして小さな輪をつくります。



2.先を輪の下から上にくぐらせます。



3.輪の下を通って上に出てきた先を元(もと)の下にくぐらせます。




4.元の下を通った先を、小さい輪輪の中へ上から下へと通します。




5.先と元を引っぱって結び目を固めたらできあがり。



実際使用する際は、写真には入っていませんが、大きな輪っかの部分がテントやタープのガイドやグロメット(ハトメ)を通っていると想定していただくとわかりやすいと思います。
※2の行程に行く前にガイドを通すことになります

ワンポイントアドバイス!
今回は、1の行程で先が上に来るやり方を解説しましたが、元側が上に来るやり方では、先側が通る道順が逆になるだけです。表裏両方のやり方を覚えておくとよいでしょう。



基礎知識トップ