会員登録ログイン
》HOW TO CAMP

巻き結び(クローヴ・ヒッチ)2

こちらは巻き結びのバリエーションです。
1では杭や薪などのように短いモノを結束する際に使う結び方ですが、こちらは木の幹や手すり等のように長いものや端がないものに結びつける時に使用します。

【結び方】
1.
ロープの先(先端側)を棒の手前から上を通って奥にくぐらせ手前側に持ってきます。



2.手前に持ってきた先をクロスするように左手側の奥に回し込みます。



3.奥から手前に回り込んで来たら



4.先を反対の手に持ち替えて



5.クロスした左上のロープの下に先をくぐらせます



5.後は、先と元を同時に引っ張れば完成



ワンポイントアドバイス!
持ち替えのところがちょっとわかりにくいかもしれませんが、馴れてくれば持ち替えなくてもできるようになります。
自分の指に巻いて練習するとわかりやすいでしょう。
ロープを通す位置や方向がわからなくなったら、「
巻き結び1」のやり方を手近なところでやってみて、それを参考にするとよいでしょう。
ここでは、横置きの棒に巻き付けて図解していますが、同じ手順で縦置きの棒に巻き付ける練習をすれば、キャンプで立木やポールに使えるようになりますよ。



基礎知識トップ