会員登録ログイン
》HOW TO CAMP

バタフライ・ノット

ロープの中間に輪を作る結び方の一つで、登山などの場面でも使用されるほど信頼性も高いものです。
キャンプなどの場面では、タープの張り綱の途中に作ってシェラカップやキャンドルランタンなど小物を吊したりすることができます。
一度覚えると忘れにくいのも特徴で、私がロープワークの講習で紹介した時、女子に大人気の結び方でした。
男子は覚えておくとモテモテですヨ。

【結び方】
1.ロープの中間によりを掛けて輪っかをつくります。(右巻き、左巻きどっち向きでもOK)



2.1でできた輪っかをもう一回よります。
(1と同じ方向で)



3.できた二つの輪っかの下の輪っかを、手前から上に持って行き…



4.奥を通って真ん中の輪の中を通してひっぱります。



5.左右のロープを引っ張って結び目を整えてできあがり!



案外簡単ですね。
ロープの中間に輪っかをつくる結び方はこの他にも「よろい結び」などがありますが、ちょっと間違えやすいのでこのバタフライノットを覚えておけばそれで十分です。

ワンポイントアドバイス!
左右対称な結び方ですし、ロープの元・先に関係なく結べますので覚えやすい結び方です。人によってはよりを作る向きが右巻き・左巻きで違ったり、最後の輪っかに通す方向も、手前から通す・奥から通すなどの違いがあっても同じように結べてしまうのです。自分のやりやすい手順で覚えておきましょう。



基礎知識トップ